家紋グッズ(家紋シール・家紋額・家紋入り風呂敷など)なら家紋グッズの通販ショップ「和市場」へ。家紋ストラップ、家紋風呂敷など様々なアイテムが続々登場しますのでお楽しみに。

和市場  
豆知識

まめ知識家紋や名字、その他「和」に関するミニコラム

家紋の分布から探る(近畿地方1)


 近畿地方には、古代から近代まで、藤原京・平城京そして平安京と永く都があった。八世紀末、 桓武天皇の平安遷都により日本の中心となった京都は、皇室の「菊紋」に代表される王城の地であった。しかし、南北朝の内乱から応仁の乱を経て戦国時代まで、戦乱の巷となることが多かった。他方、藤原京・平常京のあった 大和は、菅原氏発祥の地で天満宮が多く、「梅鉢紋」にゆかりが深い。摂津は嵯峨源氏渡辺氏の故郷で 「三つ星一文字紋」。いずれにしろ、近畿地方は古代以来、早くから開発されたところだけに豪族の子孫も多く、家紋も多彩である。また、キリシタン信仰が早くから広まり、「クルス紋」を用いた武将も多かった。畿内に接した播磨は赤松一族が広がって「巴紋」が多い。

【京都府】
 京都府は山城・丹波・丹後の三国に別れるが、京都市内を中心として山城国では朝廷が長い間存在したこともあり皇室関係の「菊紋」「桐紋」が多い。これは、功のあった武家に、菊・桐の紋が下賜された結果と思われる。
 丹波は都に近いこともあって、京の戦乱の影響をもろに受けることが多かった。元弘の乱に幕府から後醍醐天皇方に寝返った足利尊氏が旗揚げをした篠八幡宮も丹波の地であった。このとき、丹波国人では久下弥三郎時重が一番に到着。以下、長澤、酒井、波々伯部、波賀野、小山、志宇知、山内、葦田、余田ら近国の武士が馳せ集まった。久下氏の「一番文字紋」は、 源頼朝からつねに一番乗りであることから許されたという由緒をもつものとして有名。
 清和源氏頼季流を称する葦田氏は「撫子紋」を用い、同族の赤井氏は撫子紋に「結び雁金紋」を用いた。長澤氏は中沢氏ともいい「酢漿草紋」、波々伯部氏は「松喰い対い鶴紋」、酒井氏は「三つ巴紋」を使用していた。 武蔵国足立郡から丹波に下り、佐治庄に拠った足立氏は「五本骨扇紋」を用いた。
 丹波は室町時代、幕府の管領職を務めた細川氏が守護領国とし、守護代の内藤氏は「輪鼓に手鞠紋」を用いていた。また、常陸国中郡から丹波の金山郷に下ってきた大中臣氏は、のちに金山氏を名乗り「一文字に並び巴紋」、小笠原氏の後裔といい天田郡に勢力を築いた塩見氏は「三階菱紋」を用いていた。やがて、戦国時代になると細川氏は衰退し、国人領主である波多野氏、黒井城主赤井氏らが勢力を拡大して割拠した。波多野氏は出自不明ながら石見の吉見氏の一族とみられ、「竪引両紋」と「丸に抜け十字紋」を用いたようだ。やがて、織田信長が天下統一に乗り出すと、丹波には明智光秀の軍が進攻してきた。 丹波の国人らは波多野氏を盟主として対抗したが、ことごとく没落の運命となった。
 丹後国は、足利一族の一色氏が守護職を世襲し、足利氏からの分かれを誇る「二つ引両紋」「桐紋」を使用していた。戦国時代になると、織田氏に属する細川氏と合戦を繰り広げ、手強く戦ったが謀略にかかり滅亡した。 そのあとは、細川氏が田辺城主となり丹後を領した。いまも、田辺にいくと細川氏ゆかりの「九曜紋」がみられる。

【奈良県】
 大和は国のまほろば…といわれる奈良県は、菅原氏発祥の地であることから梅鉢紋が多い。郡山城主で「洞が峠」の嬉しくない故事をもつ筒井氏も「梅鉢紋」であった。筒井氏は興福寺の僧兵の子孫で、戦国時代の大和を二分する勢力を有していた。その他、梅鉢紋を使用した大和の武将では井戸、今井、辰市の諸氏が知られる。しかし、この梅鉢紋は六曜星が原型と思われ、菅原氏とのことはのちに付会したものと思われる。柳生は剣豪の里といわれ柳生氏が古くから割拠していた。柳生氏も菅原氏の後裔を称したが「吾亦紅に雀」を用い「二階笠」ものちに使用した。
 大和南部に割拠し、北和の筒井氏と拮抗する勢力を有したのが越智氏で、「遠雁に竜胆紋」を用いた。宇陀郡では宇陀三将が知られ、秋山氏が「楓葉紋」、沢氏が「井筒紋」、芳野氏が「藤丸紋」を使用。南北の葛城郡では吐田氏が「弦巻紋」、飯田氏が「竹葉丸紋」、箸尾氏が「竹に雀紋」、布施氏が「総角紋」、古市氏が「菊に楓紋」などを使用していたことが知られる。
 戦国後期になると、三好氏の家宰から台頭し、ついには主家をしのぎ、足利将軍義輝を殺害するなど、悪名を後世に残した松永久秀が信貴山城主となり、大和をほぼ制圧、信貴山城に日本初の天守閣を造営した。松永氏は「蔦紋」を用い、最期は信長に叛乱して滅亡した。

【大阪府】
 大阪府の場合、河内・和泉・摂津の三国に分かれるが、河内では南朝方に尽くした楠木正成が後醍醐天皇から賜与された菊花紋を畏れ多いとして半分を水に流したと伝える「菊水紋」を用いた。和泉は小豪族が割拠し、日根野氏、淡輪氏、和田氏などが知られる。日根野氏は「州浜紋」を用い、のちに大名にまで出世した。摂津地方は戦国期からキリシタン宗が盛んで、 中川氏が「ラテン十字架紋」、池田・高山氏が「花クルス紋」、能勢氏が「切竹十字紋」を使用した。
 摂津は京にも近く武家の盛衰も激しかった。池田氏は紀姓といいのちに清和源氏となり、クルス紋のまえは「木瓜紋」であった。中川氏と高山氏は、信長の部将で伊丹城主荒木氏に属していたが、荒木村重の謀反に際して信長に帰属し、村重は滅亡した。荒木氏は秀郷流藤原氏といい「牡丹紋」を使用していた。また、摂津は、多田源氏発祥の地で、多田氏をはじめ伊丹氏らが「獅子に牡丹紋」、また、嵯峨源氏渡辺氏が発祥したところでもあり 「一文字に三つ星紋」などが知られる。大阪で用いられている家紋を概観すれば「桐紋」と「曜星紋」が多いようだ。(播磨屋.comより)

こちらのサイトより流用させて頂きました
豆知識