家紋グッズ(家紋シール・家紋額・家紋入り風呂敷など)なら家紋グッズの通販ショップ「和市場」へ。家紋ストラップ、家紋風呂敷など様々なアイテムが続々登場しますのでお楽しみに。

和市場  

家紋

「和」をテーマに、家紋ステッカー家紋ハンカチなどの家紋入りグッズの雑貨小物を製作・販売致しております。家紋入り御朱印帳家紋額などユニークな商品から実用品まで色々取り揃えております

大阪・慶沢園で「中能登花嫁のれん」展

 幕末から明治初期の頃、北陸・加賀藩の独自の文化だった花嫁道具の展示が、大阪市指定文化財の日本庭園「慶沢園」(大阪市天王寺区)にて11月11日・12日に開催。今回は花婿のれんも展示される。
 アンティークな風合いのある美しい染付がされた花嫁のれん。実家の家紋がふたつ染め付けられ、梅や鳳凰などが描かれたとても華やかな暖簾になっている。その風習では花嫁が嫁入りするときに花嫁のれんを持参し、嫁ぎ先の仏間の入り口にかけられる。玄関で合わせ水の儀式を終え、両家の挨拶を交わした後、暖簾をくぐって先祖のご仏前に座ってお参りをしてから結婚式が始まるという必要不可欠な存在だ。
 花嫁のれんとともに、その暖簾にまつわるエピソードなども展示されるのが意味深い。本イベントを共催している 「ARTでGENKIになるプロジェクト」代表の津村長利さんは「3年前にこの花嫁のれんを見て、ストーリーを聞いて、とても感動した。ぜひ、その美しさとそれにまつわるストーリーを日頃公開されていない古い茶室の中でお楽しみいただきたい」と本展示の魅力を語る。「慶沢園」に飾られた花嫁のれんと花婿のれん、その物語に思いを馳せてみて。(ヤフーニュースより)

こちらをどうぞ

大名家の遊戯具、みやびやか 滋賀・彦根城博物館

滋賀県彦根市金亀町の彦根城博物館は8日から、大名家に伝えられた遊びの文化を紹介するテーマ展「雅(みやび)な遊び」を開く。精緻な工芸で彩られた碁盤や雅楽器、流麗な肉筆でつづられた歌かるたなどを展示する。
 「黒漆塗金蒔絵(まきえ)碁盤」は、1869(明治2)年に有栖川宮家から14代藩主直憲に嫁いだ宜子(よしこ)が持参した婚礼調度の一つ。江戸末期の制作と考えられ、笹唐草と有栖川宮家の家紋三ツ横菊紋が側面に蒔絵で描かれている。将棋盤、双六(すごろく)盤とそろいで「三面」と称され、「当時の女性の教養を育む遊戯具として、婚礼調度の定番だった」と奥田晶子学芸員。同じ蒔絵を施した将棋盤や双六盤も展示される。
 「笙(しょう) 銘元永丸」は平安時代後期、元永元(1118)年、奈良の僧慶俊の作とされる。「伊勢物語歌かるた」(江戸時代)は、読み札(上の句)と取り札(下の句)があり、それぞれ流麗な筆致で句が書かれている。
 井伊家伝来資料を中心に30件を出展する。10月11日まで。会期中無休。有料。9月9日午前11時と午後2時から、奥田学芸員によるギャラリートークがある。問い合わせは同博物館0749(22)6100。(ヤフーニュースより)

こちらをどうぞ

田村家に残る馬具公開 福井県大野市の武家屋敷旧田村家

 福井県大野市城町の武家屋敷旧田村家で、約350年前の鞍(くら)など馬具一式が展示されている。大野藩の家老、田村又左衛門(またざえもん)家に残る品で、一般公開は初めて。参勤交代など正装時に使用されたものとみられる。3日まで。
 田村家は1759(宝暦9)年、代々家老職を務めた本家の田村左兵衛(さひょうえ)家から分家。通称「小田村(こたむら)」と呼ばれ、2代目又左衛門俊強(としたけ)も藩主・土井利忠の下で家老に就いている。馬具一式は蔵に保存されており、本家から同家に受け継がれたかなど詳細は明らかになっていない。
 馬具は鞍や、鞍に敷く「馬せん」、馬の口にはめる「くつわ」、馬の尻に敷く「鞦(しりがい)」などがあり、ほぼ完全な状態でそろっている。
 鞍は木製で、漆塗りに貝殻の光沢をちりばめる装飾技法「螺鈿(らでん)」が施されている。座位部分の裏面には「寛文五(1665)年五月十日」「政直(花押)」と刻まれており、江戸時代初期に活躍した馬具師が作ったとみられる。前方と後方には、田村家の家紋「剣唐花紋」がある。
 そのほか、鉄製のあぶみや黒漆塗りの馬柄杓(まびしゃく)などもある。市教委学芸員は「乾燥に弱い部分も良い状態で残っている。明治以降に使われなくなったものが現存しているのは珍しい」としている。入館料は大人200円、中学生以下無料。(ヤフーニュースより)

こちらをどうぞ
以前の豆知識