NEWS

ピックアップ家紋グッズ

  • 家紋キャップ02
  • 家紋ドームシールプチセット写真1
  • 家紋フェイスタオルDK18014new
  • 家紋ゴルフマーカー
  • 家紋入り御朱印帳(白家紋)2
  • 家紋ホルダー矩(かね)01
  • 家紋入りフェイスタオル2
  • 家紋入り木曽一合枡
  • 家紋折りたたみコンパクトミラー001
  • 家紋色紙額 ー本然(ほんぜん)ー2
  • 家紋入り風呂敷〈綿シャンタン〉2
  • 家紋入り台付き袱紗11
  • 家紋ミニ楯
  • 家紋楯(和凛)かりん2
  • 家紋エンブレム風雅GS2

インデックス

  • インデックスバナー(御朱印帳
  • インデックスバナー(ステーショナリー
  • インデックスバナー(シール・ステッカー
  • インデックスバナー(iphoneケース
  • 家紋入り雑貨
  • インデックスバナー(シャツ
  • インデックスバナー(アクセサリー
  • インデックスバナー(布製品
  • インデックスバナー(携帯クリーナー
  • インデックスバナー(楯・スタンド
  • インデックスバナー(千社札風
  • インデックスバナー(木ごころ
  • インデックスバナー(額
  • インデックスバナー(ストラップ
  • インデックスバナー(キーホルダー
  • インデックスバナー(風呂敷

希望の家紋があるか調べてみよう!

家紋検索 クリックして家紋を検索ボタンをクリックして家紋を検索!!

家紋の探し方

  1. 家紋名やキーワードで検索する。

    検索枠に家紋名(一部でもok)を入力して「検索」をクリックしてください。
    〈入力例〉丸に違い鷹の羽、丸 井桁 蛇の目、など紋名の一部を入力し、絞り込んで家紋決定画面にお進みください。

  2. 紋種で検索する。

    ご希望の家紋の紋種名が判っている場合は、紋種名をクリックし、絞り込んで家紋決定画面にお進みください。

  3. 家紋名で検索する。

    家紋名の頭の読みが判っている場合は、ご希望の行および音を順にクリックして、絞り込んで家紋決定画面にお進みください。

家紋についてのお問合せはコチラ

家紋や名字、その他「和」に関するコラム

  • 金剛峰寺の寺紋高野山は、平安時代のはじめに弘法大師によって、開かれた日本仏教の聖地です。
    金剛峯寺」という名称は、お大師さまが『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経(こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう)』というお経より名付けられたと伝えられています。
    東西60m、南北約70mの主殿(本坊)をはじめとした様々な建物を備え境内総坪数48,295坪の広大さと優雅さを有しています。(金剛峰寺ホームページより)

    金剛峯寺で、こんな張り紙があります。

    金剛峯寺には、寺紋が二つあります。
    「五三の桐」と「三頭右巴」(さんとうみぎどもえ)
    「五三の桐」は、豊臣秀吉拝領の青厳寺の寺紋。
    「三つ巴」は、高野山の鎮守・丹生都比売神社の寺紋です。
    一般に寺紋は、一つですが、金剛峯寺はこの二つで寺紋とされています。

    ・・・これは、何を意味するか?
    丹生都比売神社・・
    丹生は、水銀
    熊野のように、
    空海も「採鉱」の民と大きな関わりをもっていた。
    高野山は「採鉱」の民のもの、鉱山・・
    狩場明神は、採鉱の民、そのものであった。

    空海が大学を退学し、遣唐使として中国へわたるまでの空白の数年間
    私度僧となって、修験道者として、山野をさまよう
    すでに高野山を知り、採鉱の民と関わりをもっていたとしたら
    遣唐使の莫大な留学費用を調達することも可能だったのではないだろうか。
    丹生都比売神社は、日本全国の朱砂を支配する一族の祀る女神であった。
    【「空海」 遣唐使の“留学費用”の謎】http://ameblo.jp/0nce-upon-a-t1me/entry-11543533832.html

    もう一つの寺紋・・・「五三の桐」
    これは、豊臣秀吉が全国の鉱山を傘下に治めたことを意味する。
    紀州平定後の豊臣家の並外れた富と経済力は、鉱山開発の技術、つまり、採鉱の民を手中にしたことではなかったか。
    秀吉の時代、日本の銀の産出は、世界の3分の1を占めたという。

    奥の院はより強力なパワースポットとして有名です。
  • おのころ島神社(自凝島神社)

    当神社は、古代の御原入江の中にあって伊弉諾命・伊弉冉命の国生みの聖地と伝えられる丘にあり、古くから「おのころ島」と親しまれ崇敬されてきました。
    古事記・日本書紀によれば神代の昔国土創世の時、二神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、その矛より滴る潮がおのずと凝り固まって島となる、これが自凝島である。
    二神はこの島に降り立たれ、八尋殿(やひろでん)を建て
     先ず淡路島を造り次々と大八洲(おおやしま)を拓かれたと記されています。
    当神社には伊弉諾命・伊弉冉命の二神がお祀りされており、縁結び、安産の神として知られています。また、この二神は天照大御神様の親神様です。
    昭和57年3月に建立された、高さ21.7mの朱塗りの大鳥居が目を引きます。兵庫県のパワースポットとして有名です。(おのころ島神社ホームページより)
  • 太郎坊宮(阿賀神社)【滋賀県】の神紋(家紋)


    御祭神 ― 太郎坊宮の神様 ―
    正哉吾勝勝速日天忍穂耳大神―マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノオオカミ―

    太郎坊宮にお祀りする神様は、伊勢神宮の天照大神の第一皇子神(人間でいう長男)にあたります。
    神様のお名前には「まさに勝った、私は勝った。朝日が昇るかのように、鮮やかに、速やかに勝利を得た」という、勝利を象徴する意味が込められています。そのお名前の通り、勝利と幸福を授ける神様として信仰されています。
    古くから「神験即現(=しんげんそくげん、神様のご利益がすぐに現れる)」の大神とたたえられ、聖徳太子をはじめ、伝教大師最澄や源義経、室町幕府近江守護職佐々木六角氏などの尊崇を集めました。
    現在ではプロスポーツ選手を始め、第一線で活躍する企業経営者、政治家、職人、ビジネスマンなど、業種を越えた多くの方々が太郎坊宮の大神様のご利益を仰がれます。

    御由緒 ― 太郎坊宮の歴史 ―
    古代日本人は、太郎坊宮の鎮座する太郎坊山(赤神山)を神宿る霊山と敬い、崇拝しました。当神社のご神徳は広く知られ、聖徳太子は国家の安泰と万人の幸福を祈願しました。伝教大師最澄も当神社にお参りし、ご神徳に感銘を受けて50余りの社殿・社坊を建立されたといいます。
    また、源義経も当神社に参詣して源氏興隆を祈念したと伝わり、その折に座られた「義経公腰掛岩」が現在に伝わります。このように人々の信仰が深くなるにつれ、この霊山で修業をする修験者が多く現れます。そして、神道を基に天台山岳仏教と修験道が相交わる独特の信仰形態が確立されました。

    太郎坊天狗 ― 神社を守護する天狗 ―
    太郎坊宮は、正式名称を阿賀神社といいます。太郎坊とは、神社を守護する天狗の名前であると伝わります。
    伝教大師が太郎坊山に社殿を建てようとした時には、山奥から現れて手助けしたといいます。
    江戸時代には「太郎坊宮の夫婦岩は天狗の住まいなので、人間は行ってはいけない」と書いてある書物までありました。
    「太郎」という名前は、最も優れたものや最も秀でたものに付けられる名前ですので、太郎坊天狗は人々から畏敬された存在であったといえます。そのため、太郎坊天狗が守る神社、太郎坊の宮となり、やがて太郎坊宮が定着したと思われます。
    滋賀のパワースポットとしてとても有名です。
家紋豆知識のページへ
  • インデックスバナー(御朱印帳
  • インデックスバナー(ステーショナリー
  • インデックスバナー(シール・ステッカー
  • インデックスバナー(iphoneケース
  • 家紋入り雑貨
  • インデックスバナー(シャツ
  • インデックスバナー(アクセサリー
  • インデックスバナー(布製品
  • インデックスバナー(携帯クリーナー
  • インデックスバナー(楯・スタンド
  • インデックスバナー(千社札風
  • インデックスバナー(木ごころ
  • インデックスバナー(額
  • インデックスバナー(ストラップ
  • インデックスバナー(キーホルダー
  • インデックスバナー(風呂敷