家紋グッズ(家紋シール・家紋額・家紋入り風呂敷など)なら家紋グッズの通販ショップ「和市場」へ。家紋ストラップ、家紋風呂敷など様々なアイテムが続々登場しますのでお楽しみに。

和市場  

家紋グッズ

「和」をテーマに、家紋ステッカー家紋ハンカチなどの家紋入りグッズの雑貨小物を製作・販売致しております。家紋入り御朱印帳家紋額などユニークな商品から実用品まで色々取り揃えております

日本人の「和」の精神の大切さを思い出させてくれる、毛利元就と「三本の矢」

 名古屋在住、日本大好きラジオDJクリス・グレンが語る、日本が誇る錚々たる戦国武将たちの魅力。外国人の目に我が国の英雄たちはどう映っているのか  今回ピックアップするのは、戦国大名・毛利元就。戦略家とも言われるSAMURAIですね。(中略)
 毛利家の家紋と言えば! 「一文字に三つ星」。本来の家紋の由来とは意味が違うかもしれないけれど、この「三本の矢」のストーリーと家紋のイメージが重なるような気がするのは僕だけかな?(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

芭蕉布の着物、西郷どんへ 沖永良部島の工房

 鹿児島県沖永良部島の知名町にある沖永良部芭蕉布会館(長谷川千代子代表)は20日までに、NHK大河ドラマ「西郷どん」の放送決定を記念した芭蕉布の着物を制作した。芭蕉布の伝統工芸士資格を持つ長谷川さんは「西郷隆盛役を演じる役者さんに着てもらえたら」と、俳優の鈴木亮平さんに着物を届ける計画を立てている。(中略)
 着物の着丈は1メートル85センチ。バナナの木に似た糸芭蕉の幹から採った中でも特に柔らかい繊維を使い、1糸ずつ丁寧に着物を織り上げた。柄には薩摩藩島津家の家紋「十文字」を取り入れた。同会館の芭蕉布講師、三昌松枝さんと長谷川さんの2人で、昨年から約半年かけて着物と帯を完成させた。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

大阪・肥後橋の「カモンコーヒー」が1周年 朝は外国人客でにぎわう

 大阪・江戸堀にカフェ「KAMON COFFEE(カモンコーヒー)」(大阪市西区京町堀1、TEL 06-7506-9207)がオープンして1年が過ぎた。(中略)
 店名は日本固有の紋章でもある「家紋」、多くの方に気軽に来てほしい「Come on」に由来するという。壁面に鶴の羽ばたく姿が描かれるなど、日本をイメージした内装に仕上がっている。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

アメリカ村に溶けないアイス「金座和アイス」 阪神タイガース公認アイスも

 大阪・アメリカ村に7月15日、溶けないアイス専門店「金座和(かなざわ)アイス 大阪アメリカ村店」(大阪市中央区西心斎橋1、TEL 06-4708-8730)がオープンした。運営はバイオセラピー開発研究センター(石川県金沢市)。(中略)
 メニューは本店が金沢の「ひがし茶屋町」に位置することから、「雪吊り風アイス」(抹茶味)や「前田家家紋アイス」(バニラ味)などの観光名所をモチーフにしたものや、大阪限定の「たこ焼き風アイス」(バニラ・いちご・抹茶味)など溶けないアイス9種とソフトドリンク5種を用意。アイスが「落ちない」ことから、阪神タイガース公認の「阪神タイガースコラボアイス」(バニラ・マンゴー味)も。トッピングはソースを4種、チョコペンを10種、カラービーズを用意しており、自分だけのオリジナルアイスを楽しむことができる。金沢名物の金箔(きんぱく、100円~)も。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

鮮やか提灯 中能登で製作ピーク

 夏祭りシーズンを迎え、能登で唯一、提灯(ちょうちん)作りをになう中能登町高畠の「亀井提灯店」で製作が最盛期を迎え、作業場には色とりどりの提灯が並んだ。(中略)
 明治時代から100年以上の伝統を受け継ぐ3代目の亀井齊(ひとし)さん(72)が、竹や木、ワイヤの骨組みに和紙を貼り、赤、青、黄の3色の御幣や家紋、縁起物を描いた。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

「サマーウォーズ」初のコラボカフェが東京スカイツリータウンで開催!オリジナルメニューも決定

 東京スカイツリータウン・ツリービレッジでは、「サマーウォーズ OZ STAND -オズ スタンド-」が8月1日(火)より期間限定でオープン。そのオリジナルコラボメニューが決定した。(中略)
 キング・カズマがイチゴ、仮ケンジがマンゴー、家紋バージョンがぶどう味。家紋バージョンは、夏希が栄おばあちゃんにもらった浴衣の柄となっている。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

御宿のそば店が夏季限定メニュー 地元産にこだわった食材使う

 家紋のキキョウにちなんで名付けた同店は、店主の野口博さんが日本各地のソバの産地から選んだソバばの実を自家製粉し、1日に必要な量だけをひいて提供する手打ちそば店。(中略)
「夏メニューは、夏にたくさん採れる野菜としてナス。小エビはかき揚げで使っているものを使っている。できるだけ食品ロスが出ないようにと考えている」と野口さん。「昔は手打ちが当たり前だった。せっかくならおいしいそばを食べてほしい。作り手の気持ちが入っている分、そばも重い」と笑顔を見せる。 (後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

あなたはどれがお好み?

洲浜紋

家紋グッズの「和市場」です。 あなたの好みのキーホルダー・ストラップはどれでしょう? 他にもたくさんありますよ。詳しくは下記ご覧あれ

詳しくはこちら
以前の豆知識