家紋グッズ(家紋シール・家紋額・家紋入り風呂敷など)なら家紋グッズの通販ショップ「和市場」へ。家紋ストラップ、家紋風呂敷など様々なアイテムが続々登場しますのでお楽しみに。

和市場  

家紋

「和」をテーマに、家紋ステッカー家紋ハンカチなどの家紋入りグッズの雑貨小物を製作・販売致しております。家紋入り御朱印帳家紋額などユニークな商品から実用品まで色々取り揃えております

維新の三傑の家紋

三つ藤巴
●大久保家「三つ藤巴」
 藤の花を三つ巴にデザインした家紋。多くの藤原家支流によって用いられた藤紋は、下がり藤以外にもバリエーションが多い。

抱き菊の葉に菊
●西郷家「抱き菊の葉に菊」
 天皇から菊紋を下賜されるのは豊臣秀吉以来のことで、菊の葉が向かい合わせに配されている。これ以前の西郷家の家紋は分からない。

葉菊菱
●木戸家「菊菱に対い葉(葉菊菱)」
 長州藩主毛利敬親から木戸姓を与えられ、菊菱に対い葉を家紋にした。菱紋とは斜方形が菱の実に似ていることからの命名。

公爵に上り詰めた明治の政治家と軍人の家紋

上がり藤
●伊東家「上がり藤」
 下がり藤を嫌った家は、巻き花房が上を向いた上がり藤紋を用いた。博文の父が長州藩の中間・伊藤家に養子に入った後に用いた家紋。

丸に三つ鱗
●山県家「丸に三つ鱗」
 魚の鱗をデザイン化した鱗紋は、「太平記」に北条時政の旗印として記され、北条一族が家紋に用いた。

花菱
●桂家「花菱」
 唐花菱とも呼ぶ家紋で、幾何学図形の菱形を四等分した割菱と、花形を合わせて図案化した。「花菱」は実在しない。
丸に隅立て四ツ目結
●大山家「丸に隅立て四ツ目結」
 布を染めるときに括って染め残す「目結」を紋章化。水平から45度傾けたものを「角=隅立て目結」という。
抱き菊の葉に抱き茗荷
●松方家「抱き菊の葉に抱き茗荷」
 神仏の守護を祈願する「冥加」と音が同じ植物「茗荷」を図案化した家紋。茗荷は摩陀羅神(またらしん)の神紋だ。

会津藩士「埋葬の史料」発見 戊辰戦争、開城後の記録詳しく

 戊辰戦争で会津藩が1868年9月22日に降伏開城した後の会津藩戦死者約3000人の遺体埋葬で、同年10月に500人超の埋葬に携わった会津藩士が記した史料が見つかった。会津若松市史では、鶴ケ城城下を統治した民政局が「10月2日に埋葬を命じた」とあり、藩士側の記録からも埋葬を裏付ける結果となった。藩士側の埋葬の史料もほかに確認されているが、内容がより詳しい。
 会津若松市の歴史家・野口信一さん(68)が2日発表した。会津藩士の子孫が1981(昭和56)年、同市に寄贈した史料174点の中から発見した。「戦死屍取仕末金銭入用帳(せんししかばねとりしまつきんせんにゅうようちょう)」との史料名で、10月3~17日の戦死者埋葬とその費用を記載する。筆者不明だが、藩士の武田源三、赤羽彦作、斎藤茂助、水野平八が遺体の捜索や埋葬に携わった。
 4人が鶴ケ城の城下や郊外などを捜索し、64カ所に567体を埋葬したことを記している。一部だが、埋葬者の服装、袖印や家紋などの図、遺体の状態、名前が分かる。飯盛山で自刃した白虎隊士を指すとみられる記述には「8人が切腹したと聞く」とあり、既に村人によって埋葬されていたという趣旨だった。
 会津若松市史によると、10月2日に民政局から遺体を埋葬するよう通達があり、埋葬作業が始まった。町役人の記録によると開城後1カ月がたっても遺体は残っていた。藩士から正式な埋葬の嘆願があり、融雪を待って翌69年2月から市内七日町の阿弥陀寺への改葬が始まったという。
 野口さんは「全ての遺体を埋葬したわけでなく、翌年になっても散在する遺体の捜索が続いていた」とした。新政府軍が遺体の埋葬を許さなかったとの言い伝えを完全否定し、「昭和40年代以降に言われるようになった話。新政府軍への遺恨の一つを考え直す契機でもある」とした。(ヤフーニュースより)

こちらをどうぞ
以前の豆知識