家紋や名字、その他「和」に関するコラム

  • 浅井長政の家紋

    浅井長政の家紋浅井長政。1545年 – 1573年9月26日、戦国大名。
    浅井久政の嫡男として六角氏の居城・南近江観音寺城下に出生。浅井氏を北近江の戦国大名として成長させる。織田信長と同盟を結ぶなどして浅井氏の全盛期を築いたが後に信長と決裂。姉川合戦に敗れ追い詰められ自害し滅亡。

    家紋は三盛亀甲花菱
  • (番外編)GEOのロゴマーク

    GEOのロゴマークビデオレンタルのゲオのロゴマーク。隅立ての3つの正方形のように見えるが、実は、創業者の遠藤結城氏の家紋であった三つ盛り亀甲のイメージをそのマークに込めたとのことである。

    亀甲紋は全国では20位。特に多い地域は、秋田県(15位)、徳島県(16位)、北海道(17位)、青森県(17位)、愛知県(17位)、佐賀県(17位)、山形県(18位)、島根県(18位)、香川県(18位)、千葉県(19位)といったところ。
  • 由井正雪の家紋

    由井正雪の家紋由井正雪。1605年 – 1651年9月10日、軍学者。
    静岡県清水区由比町の紺屋の子として生まれるが、江戸へ奉公に出て楠木正成の子孫の軍学者・楠木正辰の婿養子となる。神田連雀町に軍学塾「張孔堂」を開いた。「慶安の変(由井正雪の乱)」を起こし駿府にて自害。菊水紋は養子先の楠木家の家紋。
  • 谷啓の家紋

    谷啓の家紋1932年2月22日 – 2010年9月11日、 俳優、コメディアン。
    東京府荏原郡出身。本名は、渡部泰雄。クレージーキャッツのトロンボーン担当。渡辺プロダクション所属。コメディアンとしても「ガチョン」などのギャグで人気を博した。

    家紋は五瓜に桔梗紋
  • 楠木正成の家紋

    楠木正成の家紋楠木正成。1294年 – 1336年7月4日、南北朝時代の河内の武将。
    河内国石川郡出身。伊予橘氏の橘遠保の末裔。建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍するが湊川の戦で敗れ自害。明治以降大楠公と称される。

    後醍醐天皇から下賜された菊紋を菊水紋として使用。
  • 里見浩太朗の家紋

    里見浩太朗の家紋1936年11月28日 – 、俳優、歌手。
    静岡県富士宮市出身。本名は佐野邦俊。芸歴が半世紀を越える時代劇俳優。代表出演作は『大江戸捜査網』『闇を斬る!大江戸犯科帳』『松平右近事件帳』『水戸黄門』等。また、演歌歌手としても多数リリースしている。

    家紋は立ち梶の葉紋
  • 芹沢鴨の家紋

    芹沢鴨の家紋芹沢鴨。1827年 - 1863年10月28日、幕末の水戸藩浪士。
    中世に興起した常陸国芹沢村の豪族、芹沢氏から発祥した水戸藩上席郷士、芹沢家の当主貞幹の三男として生まれた。江戸で結成された浪士組に同郷で芹沢家の家臣筋でもある平間重助を伴い参加。新選組(壬生浪士)の初代筆頭局長。暗殺される。

    家紋は揚羽蝶紋。(他に丸に扇紋)

    幕末維新新選組 隊士家紋一覧はコチラをどうぞ。
  • 加藤紘一の家紋

    加藤紘一の家紋1939年6月17日 – 2016年9月9日、 政治家。
    愛知県名古屋市で出生。山形県鶴岡市で育つ。父・加藤精三は衆議院議員。東大法学部卒業後の外務省に入省。1972年に衆議院議員に初当選。宏池会に所属。内閣官房長官、防衛庁長官を歴任。

    家紋は蛇の目紋。
  • 日本の名字・家紋大事典 | 名字と家紋のルーツを一挙収録‎

    世界にも例を見ないほど、数多くの名字を有する日本。日本国民のすべてが先祖代々の名字を有し、ほとんどの家に家紋が伝えられています。
    名字の多くは遠い故地や血筋に由来し、家紋も各家の起源を表しています。名字・家紋の成り立ちを知れば、先祖はどこで、何をしていたのか?が見えてくるかもしれません。

    本事典は名字・家紋研究の第一人者監修のもと、百科事典で定評のある平凡社が編集・制作。まさにご家庭に1セット必携、孫子の代まで大切に受け継ぎたい決定版豪華書籍です。
    あなたもぜひこの機会にご愛蔵ください。
  • ローソンの家紋ビスケットに歴女歓喜

    家紋クッキーローソンで販売されている武将の家紋ビスケットが歴女の話題に!
    織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などの有名な武将の家紋22種類がパッケージングされている。武将の一覧表も載っているのでちょっとした歴史の勉強になるかも?。


    詳しくは@niftyニュース