まっすぐの木(直木)が語源とされる「杉」大神神社【奈良県】の神紋(家紋)

  • 大神神社【奈良県】の神紋(家紋)
  • 大神神社【奈良県】の神紋(家紋)
  • 価格 ¥400(+税)
  • 440(税込)

当社の創祀そうしに関わる伝承が『古事記』や『日本書紀』の神話に記されています。『古事記』によれば、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が出雲の大国主神(おおくにぬしのかみ)の前に現れ、国造りを成就させる為に「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と三輪山に祀まつられることを望んだとあります。
また、『日本書記』でも同様の伝承が語られ、二神の問答で大物主大神は大国主神の「幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)」であると名乗られたとあります。そして『古事記』同様に三輪山に鎮まることを望まれました。この伝承では大物主大神は大国主神の別の御魂みたまとして顕現けんげんされ、三輪山に鎮しずまられたということです。
この様に記紀ききの神話に創祀そうしの伝承が明瞭に記されていることは貴重なことで、当社が神代に始まった古社中の古社と認識されており、ご祭神さいじんの神格が如何に高かったかを物語っていると言えます。
そして、ご祭神さいじんがお山に鎮しずまるために、当社は古来本殿を設けずに直接に三輪山に祈りを捧げるという、神社の社殿が成立する以前の原初げんしょの神祀りの様を今に伝えており、その祭祀さいしの姿ゆえに我が国最古の神社と呼ばれています。
「大神」と書いて「おおみわ」と読むように、古くから神様の中の大神様として尊ばれ、第十代崇神すじん天皇の時代には国造り神、国家の守護神として篤あつく祀まつられました。平安時代に至っても大神祭(おおみわのまつり)、鎮花祭(はなしずめのまつり)、三枝祭(さいくさのまつり)が朝廷のお祭りとして絶えることなく斎行され、神階は貞観じょうがん元年(859)に最高位の正一位しょういちいとなりました。延喜式えんぎしきの社格は官幣大社かんぺいたいしゃで、のちに大和国一之宮やまとのくにいちのみやとなり、二十二社の一社にも列なるなど最高の待遇に預かりました。
中世には神宮寺じんぐうじであった大御輪寺だいごりんじ や平等寺を中心に三輪流神道が広まり、 広く全国に普及し人々に強い影響を及ぼしました。近世に入ると幕府により社領が安堵あんどされて三輪山は格別の保護を受け、明治時代にはその由緒によって官幣大社かんぺいたいしゃとなりました。現在も国造りの神様、生活全般の守護神として全国からの参拝があり、信仰厚い人々に支えられて社頭は賑わっています。
大神神社【奈良県】の神紋(家紋)

和市場掲載の7,100種超の家紋のデータをリーズナブルな価格でご提供いたします。和市場家紋検索システムからご希望の家紋名をお選び頂きご購入ください。また、様々な商品に家紋やお名前を入れて家紋グッズが作れます。

ご入金確認後24時間以内にメールにてデータを納品いたします。
*土・日・祝日、年末年始、夏季休暇を除く。

家紋検索 クリックして家紋を検索 上記よりご希望家紋を必ずご確認下さい
家紋名
データ形式
ご質問・ご要望
¥400(税別)
数量

仕様(サイズなど)

家紋データ説明メイン家紋データ説明4家紋データ説明2家紋データ1

家紋湯のみ家紋ご朱印帳家紋ふくさや下の関連商品および各カテゴリーからもご希望の家紋に名入れをしてあなただけのオリジナル家紋グッズをオーダーメイドでお作り致します。

  • 家紋入りバッグ・ポーチ
  • インデックスバナー(御朱印帳
  • インデックスバナー(風呂敷
  • ステーショナリー
  • インデックスバナー(シール・ステッカー
  • 家紋入り雑貨
  • インデックスバナー(シャツ
  • インデックスバナー(アクセサリー
  • インデックスバナー(布製品
  • ケース諸々
  • インデックスバナー(楯・スタンド
  • インデックスバナー(千社札風
  • インデックスバナー(木ごころ
  • インデックスバナー(額
  • インデックスバナー(ストラップ
  • インデックスバナー(キーホルダー
  • 家紋入りキャップ(帽子)
  • インデックスバナー(iphoneケース