家紋グッズ(家紋シール・家紋額・家紋入り風呂敷など)なら家紋グッズの通販ショップ「和市場」へ。家紋ストラップ、家紋風呂敷など様々なアイテムが続々登場しますのでお楽しみに。

和市場  

伊藤の家紋は? 下がり藤

家紋(下がり藤)

 

伊藤・伊東ともに元をただせば藤原氏の流れであり、多くの伊東氏が伊藤氏を称した。このことから混同が起こったが、伊藤氏が伊東を名乗った例は少ないといわれる。ともに藤原姓とはいえ流れが違うこともあって、両家の代表紋も異なっている。伊藤氏は藤原にちなむ「藤(上り・下り)」で、伊東氏は「庵木瓜」となっている。 どうやら、伊藤氏の方が藤原へのこだわりが強いように思われる。


 

山本の家紋は? 丸に違い鷹の羽

家紋(丸に違い鷹の羽)

 

山本は、地形由来から代表する名字であります。山本といえば、国会議員の山本太郎さんなど、有名人も沢山いますよね。
ルーツは公家から庶民まで様々な由来があります。また、九州南部にも多く「山元」もルーツは同じとされています。

山本氏は、各地に存在するため、家紋は多種多様にわたり、決まったものがないとされていますが、こちらの丸に違い鷹の羽など、神職が多い名字のためからこのような家紋になったとされています。


 

中村の家紋は? 立ち沢瀉

家紋(立ち沢瀉)

 

濁流が多いために、中村氏は、恒武平氏良文流中村氏の「立ち沢瀉」をはじめ実に数多くの家紋もあるとされています。 沢瀉は、池や沢や田んぼなどに自生するクワイという水草に似ているそうで、可憐な花で魅了するそうです。 王朝時代から貴族の車や装具の文様としても用いられています。


 

小林の家紋は? バリエーション豊富

家紋(片喰など)

 

小林氏は出自が多流におよぶことから家紋の種類も多く、代表紋とよべるものはなさそうだ。とくに多用されているのが桓武平氏の代表紋とされる「揚羽蝶」で、武蔵・上総・下総・相模の各小林氏はこの紋を用いて、桓武平氏を称している。その他、「輪違い」「揚羽蝶」「蔦」「酢漿草」「三階松」「梶の葉」などがあり、それぞれ出自を反映したものであろうがまことに多彩である。


 

加藤の家紋は? 戦国武将の加藤清正・加藤嘉明の家紋とは?

家紋(蛇の目)家紋(桔梗)

 

加藤氏とは、数多く存在します。伊勢・美濃・尾張などがあり、系統も多いのが特徴です。
現在であh、加藤茶さんのように異彩を放っている方や、フリーアナウンサーの加藤綾子さんなどがいらっしゃいます。
戦国武将加藤清正の家紋「蛇の目」「桔梗」。蛇の目に似ていることから「蛇の目紋」といわれており、腰につける弦をまきつける皮などの道具を図案化したともいわれています。
また、清正が家紋に用いていたのは「桔梗紋」もあります。豊臣秀吉より賜ったものをそのまま使われたようです。


 

  • ラバーウッド家紋スタンド
  • -->
  • 家紋入り御朱印帳
  • 家紋ハンドスピナー
  • 家紋入り爪切り