家紋グッズ(家紋シール・家紋額・家紋入り風呂敷など)なら家紋グッズの通販ショップ「和市場」へ。家紋ストラップ、家紋風呂敷など様々なアイテムが続々登場しますのでお楽しみに。

和市場  

家紋グッズ

「和」をテーマに、家紋ステッカー家紋ハンカチなどの家紋入りグッズの雑貨小物を製作・販売致しております。家紋入り後衆院帳家紋額などユニークな商品から実用品まで色々取り揃えております

上賀茂神社のフタバアオイ、駿府城へ 「葵使」行列出発

 京都三大祭りの一つ、葵祭で使われるフタバアオイを上賀茂神社(京都市北区)から駿府城(静岡市)に献上する使節「葵使(あおいつかい)」の行列が26日、同神社を出発した。来月1日に駿府城で開かれる「静岡まつり」で奉納される。
 葵使は1610(慶長15)年に上賀茂神社から徳川家康に献上したことに始まり大政奉還まで続いたが、明治維新の際に途絶えた。
 一方、徳川家の家紋の由来とされ、葵祭にも使われるフタバアオイは、異常気象などにより減少。フタバアオイを育成し伝統文化を継承しようと、上賀茂神社が発足させた「NPO法人葵プロジェクト」が中心となって、平成20年に古文書などを基に葵使を復活させ、毎年行われている。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

「高橋」さんの名字のルーツは高い橋だけにあらず!

大和国の高橋は神に仕えた一族

 「高橋」は古代氏族にも存在し、姓にも名字にもあるという比較的珍しい例だ。高橋は地名にも多く、住む場所の地形にちなんで名字になることもあった。現在の高橋のもっとも有力なルーツとされるのが大和国(奈良県) 布留(ふる)の高橋に根ざした高橋一族である。

 また、同じ大和国の添そえ上がみ郡には「高橋神社」があり、物部氏と同族の高橋氏が神に仕える役割を担って繁栄した。
「高橋の家紋は笠を用いたものが非常に多い。笠は“竹を立てる”と書き、この竹を立てるという行為は、神様の通い道を設しつらえるという意味。神事の一環なのです」と、家紋研究会会長の高澤等さん。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

長野駅の大型ちょうちん新調 市のロゴ「縁」の文字に交換

 長野市は、JR長野駅善光寺口の「門前回廊」に掲げている大型ちょうちんを新調した。
 NHK大河ドラマ「真田丸」の放送に合わせて昨年設置していた真田家の家紋「六文銭」をあしらったデザインから、市のロゴマークである「縁」の文字を円形で囲った絵柄に交換した。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

「鈴木」さんのルーツは熊野信仰にある

熊野神社の神官が“鈴木”のルーツ

 「鈴木」は“ススキ”の当て字で、ススキとは、紀伊半島の熊野地方では積み重ねた稲のことを指す。「鈴木」は元来この地方に根付いた熊野信仰に携わる人々が名乗った名字で、彼らの祖先である大和国山辺郡穂積郷(奈良県天理市前栽付近)の一族は神武天皇に多くの稲を献上して「穂積(ほづみ)」の姓を賜った。つまり、稲穂を積んだ“ススキ”が“鈴木”となったわけだ。

 「鈴木は稲にゆかりの系統ですから、稲をモチーフにした家紋が全体の7割近くと突出しています」と、家紋研究会会長の高澤等さんは語る。ほかには熊野信仰に関係のある幣(へい)を配したものも多く、また、“鈴木”にちなんだ鈴の図柄もある。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

上賀茂神社で「葵使」が出発 フタバアオイを徳川家に届ける行事を再現

 賀茂別雷神社(上賀茂神社・京都市北区)で3月26日、葵使(あおいつかい)が出発した。(中略)

…宗なりに、重長のことを深く愛していて、自分の家紋、九曜紋をプレゼントしたりもしています。 ただ、この家紋は、実は政宗が、細川忠た だ興お きに無理に譲…(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

伊達政宗が愛した美少年と真田家の意外な関係

 武田信玄や伊達政宗は美少年にラブレターを送っていた⁉ 洋の東西問わず、戦乱の世に必ず栄えた少年愛。歴史を変えた、男と少年の関係を赤裸々に描いた書籍『なぜ闘う男は少年が好きなのか』より、大人気武将、伊達政宗の知られざる姿を紹介! (中略)

葵使は上賀茂神社から三つ葉葵が家紋の徳川家に、同社のフタバアオイを届ける使者。1610(慶長15)年に始まり、大政奉還まで行われていたという。2007年から同社とNPO法人葵プロジェクトが中心となり、毎年葵使の再現を行っている。(後略)(ヤフーニュースより)

詳しくはこちら またはこちらをどうぞ

菱紋と言えば、武田家の紋としてあまりにも有名である

菱紋
  • 画像は南部家で使用された鶴菱。
    武田家は、清和源氏義光流の正統的な武家であるが、家伝には、家祖・新羅三郎義光より伝わる家宝「楯無」の金具に描かれた花菱にちなんで割り菱を家紋にしたとある。
    菱紋には割菱系と花菱系があるが、かの武田信玄は両方とも使用したという。
    武田家の分家は、奥州の南部家、小笠原家、松前家など、全国に発展して行ったが、それらはみな菱紋系の紋を使用している。
    菱紋には、武家の正統としてのプライドと武田信玄の威光が今でも輝いているのである。
    全国では11位。やはり、信玄のお膝元の山梨県では1位。他では福岡県で5位、山口県で6位が目立つくらいだ。 (参照:一本気新聞)
  • 以前の豆知識